Adobe Experience Manager(AEM)導入 / 活用 / 運用

Adobe Experience Manager(AEM)は、Adobe社が提供しているWebサイトをはじめとする様々なデジタルチャネルに対応可能な最先端、且つ高機能なコンテンツ管理システム(CMS)です。顧客のカスタマージャーニーにあわせてパーソナライズされたコンテンツをすばやく容易に構築、配信することができます。またCreative Cloud製品(Photoshop等)と連携した高度なワークフローの構築も可能です。

Sutrix Groupの強み

Sutrix Groupは、Adobe Experiecne Managerの Adobe社認定Specialized Partnerです。

40+

エキスパート

20+

クライアント

50+

プロジェクト

Sutrix Groupでは、Adobe Experience Managerの前身であるCQ5から取り組みを始めています。AEMは高機能且つ柔軟性があり、他システムとの連携も容易な機構を備えているCMSですが、構築方法を習熟していないと十分な活用は出来ません。

新規導入だけではなくすでに導入されている企業でのテンプレート/コンポーネントの改善、スタイルシステムの活用、Dev/Contents Ops体制の構築、現地法人とのやり取りを含めたグローバルでの活用、等も可能ですのでお気軽にご相談ください。

Adobe Experiece Managerを選ぶ利点

様々なデジタルチャネルを統合

Adobe Experience Manager(AEM)はヘッドレスアーキテクチャーを採用した最先端のコンテンツマネジメントシステム(CMS)です。

ヘッドレスアーキテクチャーによって、AEM内に作成、管理されているコンテンツやデジタル素材、エクスペリエンスを、様々なデバイスやシステムに配信する事が可能です。

これにより、どのようなデジタルチャネルにおいても、ブランドが重要としている統一された顧客体験をユーザーに届ける事が可能となります。

landing

グローバルでのWebガバナンスを整備

各国各言語にWebサイトを展開する場合に重要なWebガバナンスは、グローバル企業における課題となっています。

Webガバナンスが整理され運用されていないと、各国での情報格差が発生したり、サイト構造を無視した管理されていないWebサイトの乱立、正しくない情報が配信され続ける事によるブランド失墜、など、企業にとって致命的な状況になりかねません。

Adobe Experience Manager(AEM)が持っている多くのグローバル展開に関する機能を利用する事により、ガバナンスが保たれた状態のまま、各国各言語にサイトやコンテンツを配信する事が出来ます。

またディレクトリーやページ、デジタルアセット毎に細かく管理できる権限設定により、適切なユーザー管理が可能です。

landing

Adobe Experience Cloud/Adobe Creative Cloudとの統合

Adobe Experience Manager(AEM)は、Adobe Experience CloudやAdobe Creaitve Cloudと連携してより優れた顧客体験の提供や、ワークフローの構築が出来ます。

  • Adobe Targetと連携したパーソナライズされたエクスペリエンスの配信
  • Adobe Campaignと連携したメールコンテンツ制作
  • Adobe Workfrontと連携したマーケティング業務フロー管理と成果物管理
  • PhotoshopやXDと連携した顧客体験制作とデジタルアセット作成
landing

Adobe Experiece Managerの特徴

service

様々なデジタルチャネルに対応可能

ヘッドレスアーキテクチャーにより、Webサイトだけではなくスマートフォンアプリやデジタルサイネージなど、様々なデジタルチャネルに対応可能です。

service

コンテンツ制作の効率化

柔軟且つ容易なコンテンツ編集機能により、コンテンツ制作が効率化され、コスト削減が実現するともに、より迅速な配信が可能です。

service

デジタルアセット管理が可能

AEMが持つ強力なデジタルアセット管理機能(DAM)により、様々なデバイスに合わせたアセット作成の自動化やメタ情報、プロセス管理が可能です。

service

ECとの連携が可能

お使いのECプラットフォームのフロントエンドとして、AEMのコンテンツ管理機能を利用することが可能です。

service

AI活用

Adobe社が提供しているAI「Adobe Sensei」により、優れたコンテンツと顧客体験の構築、最適化が可能です。

service

クラウド

Adobe社が提供しているクラウドサービスにより、自社でインフラを抱えずに、最先端のコンテンツ管理システムの利用が可能です。

service

グローバルCXM導入

業種:情報通信業

アジアにあるHQを中心に、USや欧州など展開するためのグローバル共通顧客体験管理基盤を導入。

service

大規模Webサイトの運用効率化

業種:金融業

数万という膨大なコンテンツをもつWebサイトの運用をより効率的に行っていくために、CMSを刷新。従来の20%以上の制作工数を削減。

service

メンバーサイトの顧客体験向上

業種:製薬業

顧客向けのメンバーサイトをメンバーの属性や行動履歴により、最適なコンテンツを提供。